降圧剤は高血圧の薬

降圧剤アンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果

医師から高血圧と診断され、降圧剤を処方されたという方も、多いのではないでしょうか。
現在、日本では約4300万人もの方が高血圧で治療、もしくは高血圧予備軍と言われています。
これほど、高血圧は日本人にとって、身近な病気なのです。

高血圧の治療として、処方される降圧剤には色々な種類があります。
その中の1つに挙げられるのが、アンジオテンシンII受容体拮抗薬という降圧剤です。

アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、動脈の血管が収縮するのを、抑える効果を持っています。
アンジオテンシンIIというタンパク質は、動脈の血管を収縮させるタンパク質です。
このアンジオテンシンIIの働きを抑制する事で、血圧が必要以上に上がるのを防ぎます。

アンジオテンシンIIは受容体と結合しなければ、血管を収縮する事ができません。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬を服用する事で、アンジオテンシンIIが受容体と結びつく作用を抑え、血管を拡張し血圧を下げる効果を得られます。

高血圧の状態が長く続くと、血管に負荷がかかり動脈硬化を引き起こすケースも、少なくありません。
動脈硬化が腎臓部分で起これば、腎障害へと繋がります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、腎障害の治療にも用いられる降圧剤でもあります。

他にも糖の代謝を高める作用や、心臓を保護する作用もあるようです。
また、メタボリックシンドロームの治療に、アンジオテンシンII受容体拮抗薬が、用いられるケースもあると言われています。

このように、アンジオテンシンII受容体拮抗薬は現代人が発症しやすい、病気の治療のためポピュラーに処方されている薬です。
他の降圧剤よりも副作用が少ないと言われている、安全性の高さから、処方している病院は数多くあります。

■血圧との関係も指摘される
偏頭痛
■高血圧にはこの薬
アダラートは古くから愛されてます
■高血圧の降圧に
テルミサルタン